2013年5月14日火曜日


サムスンインテルが、AppleのSiriに対抗する音声文脈認識サービスの技術のベンチャーに投資するらしい。

サムスンベンチャー投資、インテルキャピタル、Telefonica傘下のグローバルベンチャー投資担当の子会社であるTelefonica Digitalの3社で、自然言語ベースの音声認識および分析技術を持っているスタートアップExpect Labsに投資するらし。Expect Labsには、GoogleベンチャーズとIDGベンチャーズも投資している。

Expect Labsは、会話の内容をリアルタイムで理解・分析、データを収集し、関連する情報を事前に提示する自然言語ベース「予測コンピューティングエンジン(ACE)」の技術を保有している。

まあ、この2社が投資するということは、当然Tizenで使う気があるのだと推測される。でもDoCoMoは相変わらずを使って独自路線を取っていくんだろうな〜
また、この分野でもガラパゴス化するのかもしれない。

Tizenで標準装備になってヤバいと思うことは、モバイルよりTizen IVIのほう。モバイルよりも運転しながらの音声での受け答えをやってくれる機能がTizenで標準化されれば、これはTizen IVIは凄いアドバンテージを持つだろう。

引用:
http://www.atlasrnc.jp/11701



0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Google+ Followers