2010年11月9日火曜日
ひと昔前は、Cypressのマイコンとかで代用していたけど、最近は専用ICがだいぶ出てきた。専用コントローラーとしてはSiSが先頭を切って商品化して、PC系にはだいぶ採用されて、それなりにラインナップも揃っているけど、携帯の分野ではSTとかが出てくるとセンサーとパックでの売り込みになり専用コントローラーメーカーはそれなりに苦戦するのかな?



  • 10点以上の同時タッチをサポートするマルチタッチ機能を提供
  • 「ピンチ、ズーム」のようなマルチタッチのアクションを強化し、ペンタッチも可能にすることで、より優れた使用感を実現
  • ノイズ除去機能により、この種のデバイスとして初めて、ディスプレイとタッチ・センサ間に接地シールド層が不要な最新のオンセルLCD技術をサポート
  • 自動チューニング機能自己較正機能は、外付け部品点数を低減すると共に、幅広いタッチスクリーン・パネルをサポート
  • ノード数:業界最大288(18 x 16)

今まで製品化で苦労していたチューニングや校正が自動化されるのは素晴らしい!



0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Google+ Followers